店の形

イメージ 1

DANLOはこの先どう進んでいけばいいのか?そんなことを考える。

今のままでいいのか?もう少しレストラン寄りにしたらいいのか?

なかなか難しいところではある。

 

昔からこの界隈は夜の街だから飲み屋や居酒屋、スナックが多い。

DANLOにも一杯飲みにふらっと来る人や2次会的な人、忘年会で使う人。

飲み放題を付けて宴会をしたい人。など場所柄そういうお客さんも取り込んできた。

かたや7500円のコース料理を1ヶ月以上前から予約してくれる人もいる。

どっちのお客さんも必要だと感じていたので今のスタイルになった。

しかしここ5〜6年で周りには飲食店が増えて、DANLOがオープンした頃とは状況が違う。

もちろん自分たちも変化している。

子供ができたり、体力も確実に落ちている。

このままの形でいけば店として安定感は出てきたという言い方もできるが

代わり映えしないという言い方もできる。

かといってレストランにしてしまうと地元の人はより入りづらい店となり、

年に1回誕生日に行く店となってしまう。

かといって別荘の人や県外の人がたくさん来てみんながコースを頼んでくれる保証もない。

 

諏訪という地方都市でレストランをやるということは非常にリスクがある。

でも一軒くらいそんな店が諏訪にあってもいいのかなとも思う。

結局自分たちがどういう店にしたいか!ってことだけなんだけど。

そう簡単には答えは出ない。

あくまでも僕の頭の中の話。

 

DANLOも歳をとってきた。

飽きられないようにここらでもう一度頑張らんと。

若いもんにはまだまだ負けられん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理人のおもちゃ

イメージ

小淵沢に秀よしという和食のお店があります。

そこもうちと一緒で夫婦で店を切り盛りしていて

歳も近く仲良くさせてもらってます。

同業の仲間が少ない僕にとってはありがたい存在です。

 

僕は低温調理器を買うかどうか1ヶ月くらい悩んでいました。

値段はたいしたことはないのですが何を買っていいのかを悩んでいました。

いろんなところが出しているのでどれが僕にあっているのかなぁ?と。

そんな時、秀よしで使っていたのがこのメーカーの低温調理器でした。

早速同じものを迷わず買いました。

浅はかではありますが買う時ってそんなもんです。

◯◯君家に行ったらファミコンがあったからうちも欲しい!買って!みたいな感じです。

 

何事もアナログな私ですから使いこなすにはもう少し時間がかかりそうです。

それぞれの食材が最大限おいしくなる温度帯、時間帯を探っていこうと思います。

まずは鶏ムネから。

 

 

 

3台目J Soul パスタマシーンズ

イメージ

パスタマシーンのモーターが突然動かなくなった。

寿命なのか何なのかこういうものは分からない。

電化製品でも何でもそうだ。

終わりは突然やってくる。

修理に出したいところだがメーカーに部品が無かったり

出張費やなんかで結構高い修理代になる。

で、結局新品をネットで買った方が安いし早く届く。

ということになる。

本体はまだまだ使えるのでモーター部分だけ買おうとした。

ところがモーター部分だけでは販売していないのだ。

それってどうなの?そこだけ欲しいのに、、、

もやもやしながらモーターと本体部分をセットで買うしかなかった。

何の解決策も見えないまま僕は本体部分を3台持っている。

何の自慢にもならない。

これが消費社会の現実か?

他にもこれに似た例いくつもあるよね。

みなさんもあるでしょ?