人間のもろさ

P9290433

秋の恵みを味わうために下諏訪の旬野さんに行ってきました。

ここのご主人はとても器用でずくのある人です。

本業の建築業の傍ら、山に入って山菜、きのこ、鹿、猪、何でも穫ってきます。

解体所も建てて野生肉の販売までしている。

都内のレストランに卸したり、地元の小学校に納めたりしている。

野生動物を通して子供たちに食育もやっている。

かと思えば諏訪湖でうなぎや鯉を釣って自分の店で出すこともある。

肝心の料理はどうか、、、

これがまたいいお味で。

今日穫れたての鹿のレバーと背ロースの唐揚げ。

ロゼに仕上げたローストビーフならぬロースト鹿。

鹿ハツの肉野菜炒め。

どれもセンスを感じるいいお味で正直驚いた。

処理がきちんとしていれば臭みなんて全くない。

そうご主人は言い切った。

料理は独学で覚えたというがなかなかできるものじゃない。

センスとバランスと探究心の賜物である。

こういう人はどこにいてもどんな状況でも生きて行ける。

無人島で生きていけるのはこういう人だ。

僕も含め現代人に必要なのはスマートフォンやパソコンやコンビニではなく

こういう精神なのではないか。

この先、どんな状況になっても生きていける知恵をどれだけ持っているか。

その時、どれだけの精神力が備わっているかが大事になるはずだ。

 

常に危機感を持って生きている野生動物。

あまりにも無防備で思考停止している現代の人間。

遡れば祖先は同じだ。

人間はもっと野生化しないといけない。

万物にもっと敏感でないといけない。

自分の身は自分で守る知恵を身に付けないといけない。

 

この地球上の生物で一番もろいのは人間なのかもしれない。

 

きのこの誘惑

P9200396

今年はきのこ当たってます。

いろんな所で採れてます。

P9200393

井出さん、中沢さんと一緒に守屋山に行ったり

P9220415

きのこの会で日和田高原に行ったり

P9200407

明子と二人で女神湖行ったり

P9220411

一人で霧ヶ峰行ったり

本業そっちのけで大忙しです。

今しかないから

次があるかわからないから

いい状態のきのこを一つでも救いたいから(おかしな理由)

だから行くんです。

無理してでも

朝早くても

明日どうなるかわからない。

それがきのこ。

だから僕は今日もきのこを採りに行く。

P9200408

こんなに美しいきのこが森に生えているのだから、、、