幻の川魚

P2180351

この魚、何だかわかります?

たぶん見たことないと思います。

名前はシナノユキマス。

30年以上長野県で養殖されているサケ科の川魚。

かなり繊細な魚で孵化が難しくなかなか流通しにくいのが現状だ。

ゆえに馴染みがない魚というわけだ。

でも味はいい。

川魚特有のくさみもなく、脂ののったスズキのようだ。

試してみる価値は十分にある。

地元のものに目を向けるのも大事なこと。

かといって地元を意識しすぎて料理が偏ってはいけない。

そのバランスを見ながら使っていきたい。

無理せず、自分のできる範囲で、、、

 

 

 

 

ほっとするHOT

只今、そば粉のニョッキ仕込み中。

P2110344

ゴルゴンゾーラチーズのソースで決まり。

P2110345

こちらは雪中キャベツのオニオングラタンスープ。

今月の新作2品です。

どちらも寒いこの季節にぴったり。

心と体を温めに絶対DANLOに行くべし!

 

 

この他にも温かいものございます。

(例 マダム明子のおもてなし)

 

 

夏は暑く冬は寒く

P2040339

今日は−12℃まで冷え込んだ。

ようやく諏訪らしい冬を感じることができた。

この寒さがいい。

僕は諏訪の冬が暖かいのは嫌だ。

なんだか拍子抜けな気分になる。

残念ながら諏訪湖は全面凍っていない。

御神渡りは今年も望めない。

明らかに暖冬だ。

先週だって雪ではなく雨が降った。

この時期、小谷村から雪中キャベツが届く。

豪雪地帯の小谷村。いつもだと2mは雪が積もる。

でも今年は30cmだという。

ここまで少ないのは経験がないという。

なんだかおかしな気候だ。

傲慢な人間の仕業か、それとも神(自然)のいたずらか?

 

今年の冬はあったかくていいね。楽だね。

そんな浅い話ではない。

 

人がおごりを捨てない限り寒い冬は訪れない。

冬は絶対寒い方がいい。

だってそれが普通だから。