畜産の現実

DSC00977

飯田は昔から畜産の盛んな地域。特に養豚農家は多い。

多いと言っても16軒。最盛期には36軒あったという。

その中でも中ヨークという原種の血統を守り続けている農家さんがいる。

DSC00962

岡本さんだ。料理の世界では有名な生産者である。

岡本さんは千代幻豚という特別な豚を作っている。

DSC00963

鼻がつぶれたちょっとブサイクな顔をしている。

性格は穏やかで人懐こい。マイペースな豚だ。

そんな性格が味にも表れる。

きめ細かく甘みのある穏やかな味。

丁寧に育てられた洗練された味だ。

DSC00977

岡本さんは農協を通していない。

えさから販売ルートまで自分で開拓しなくてはいけない。

これは生産者にとってかなり精神的にきつい。

豚を作っても売る先がなければどうしようもない。

ダブつくことも多々あるという。

とは言っても誰しもが買える値段でもないし、半頭買いとなると50kという重さ。

仲間のシェフに声をかけてうまくシェアできてばよいのだが、

その店の規模、客単価、使う量、ポーション、ロス無く使いきる技量、

考え方、理念、こだわるところが違うから一筋縄ではいかない。

でもなんとかしないと生産者は消えてしまう。

いいものを作っている人ほど、コストもかかっているし、小規模生産なため

儲けは少ない。かといって設備投資は博打のようなもの。

今いる現状の中で生き残る道を探すしか無いのだ。

DSC00967

僕らにできることは何か。

そこは常に考えている。

 

すぐ答えは出ないけど、、、

 

 

 

 

 

所信表明

DSC00957

このたび休業中ですがシェフ会に行ってきました。

佐久のピッツェリア、ジンガラさんに7人集まりました。

地方ならではの悩みを抱えながらこの地でやり続けていくこと。

自分らしく生きていくこと。これから地域にどう根ざしていくかなど。

冗談を交えながら長々と話した。

僕はみんなの話を聞きながら、いろんな考えがあるなぁと思った。

こういう会に参加することは自分の店を見直してみるいい機会なんだ。

今はDANLOがより良くなるための充電期間なんだ。

じっくり考えられるいい機会なんだ。

 

もっとキレのある角の決まった料理を出すには?

もっと居心地のいい空間にするには?

もっと自分らしいどこにもない店になるには?

やること、やれることはたくさんあるはず。

3月にはまっさらな気持ちで仕事に臨みたい。

 

おそらくDANLO自体は変わってないように見えると思いますが、

今、僕らの心中は初心のような清々しい気持ちです。

 

という訳で、来月の3月6日(火)に再スタートします。

よろしくお願いします。

みなさん、もう少しお待ちください。