イタリア旅行記 その2

今日は、カンパーニャ州のトマト工場を見学。

毎年7月~9月までの3ヶ月間で一年分のトマトホール缶を一気に仕込む。

それ以外の期間は、基本的に工場はお休み。だから、メンテナンスや維持が

大変で、やむなく閉鎖する工場が後を絶たないという。

今年の完成品。各メーカー(10社以上)の商品を一手に引き受ける。

人の目の手が一番正確。30人程のおばちゃんが、ひたすら分別してた。

あまりよくないトマトは、ジュースになる。

工場の中はとてもうるさい。そのため皆、耳栓している。

 

約40分でホール缶の完成。

ただいまプーリアから到着したばかりのトラック。

この地面の枠の中に停車して積んでいるトマトの重さを測量する。

とにかく鮮度が命。すぐ加工しないと味が落ちると言っていた。

朝、農家の人達が摘んだトマトがその日の午前中には、製品になる。

そこは、徹底してるらしい。南イタリアの人のトマトに対する愛着と執念の

ようなものを感じた。

これから日本に輸出するため、細かい部分を話し合っていた。

ちゃっかり、僕も会議に参加。(よく分かってないのに、うなずいたりしてた。)

今からでも遅くはない。イタリア語やるぞ!!

気の合う夫婦

小淵沢にある和食屋さん。庫楽(くら)。

ここも夫婦二人で切り盛りしてる小さな店。

サービスしてる奥さんが、元気はつらつで、みてて気持ちいい。

なんか、波長が合うのか、ついつい長居してしまう。

 人生に疲れた人。  気分がのらない人。

 元気のない人。   ただ単に、うまいもん食いたい人。

行ってみてください。

僕ら夫婦と近いもの感じます。きっと。

 

一休み、夏休み

「まだ、鯵のままかぁ。」と思っていたみなさん。

長らくお待たせしました。身勝手にも夏休みを頂いておりましたが、

お店もブログもスタートしましたので、今後とも、おつきあい下さい。イタリアの市場

実は、イタリア、スペイン、フランス、を巡る10日間の弾丸ツアー(自業自得)と

いう任務を遂行してきましたので、追って紹介していきます。