Novello 2011

今年もやりました。Novello Party。(毎年11月6日 解禁)

その年のぶどうで一番早くできたワインを飲んで収穫を祝う祭り。

農家の人たちにとっては「やっとこの日が来た。」という思いに違いない。

僕はこんな感じで秋と地物、ワインとの相性を意識して料理をもてなした。

去年より今年の方がワインの出来はいいようだ。

僕の料理もそんな気がする。

ちょっとずつ進化していこう。

自然の恵みに感謝しながら、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理をもてなした。

 

 

イタリアに学ぶ

僕らは今一度、原発(エネルギー)を考え直す必要がある。

どこまでエネルギーを落とすか。

どれだけ電気を使わない生活をすればよいのか。

 

僕はイタリアにその答えを見た。

イタリアは、まず街灯が暗い。家の中の灯りも暗いし、暖をとるのはオイルヒーター。

お店も昼休みには店を閉める。(レストラン以外) 

派手な看板もなければ、24時間営業の店もない。

 

国民性も日本と違う。

古いもの長く大事に使う国民でもある。

家にしろ、車にしろ、家具にしろ、食器にしろ、長く愛す。

そうそう新しいものには飛びつかない。

 

料理を見ても実に無駄がない。

昨日残った豚肉の煮込みを、次の日パスタのソースにしたり。

 

つまり、エネルギーをそれ程多く使わない生き方を自然と実行している。

今風に言えば、エコな生き方。

 

イタリアと日本とでは同じ先進国でもここまで違う。

勿論、経済だって成り立っているし、むしろ人間の幸福度は、イタリアの方が上かもしれない。

いろんな意味でイタリアに学ぶところは多い。

僕は今、日本は大きな転換期だと考える。

便利なもの、効率的なもの、生産性の高いもの、低コストなもの、合理的なもの。

もうこれらは、日本に必要ない。

「進歩を止め後退しろ」と言いたいのではない。

「価値の転換」が必要だと言いたい。

今まで常識化していた価値観を変える。

国も、地方も、政治も、企業も、日本人ひとりひとりも。

 

すべて、、、、

 

 

 

ひとつになる

連日、流れる映像を見て、僕が今生きているのは

普通のことじゃなくて奇跡なんだと思うようになった。

たまたま、生き残っていると思った。

海沿いにいようが、山の中にいようが、街中にいようが、

起こりうることなんだと思った。

日本にいる限り、いや、地球に住んでいる限り起こりうることなんだと思った。

 

全く比にならないが、5年前僕の店は水に埋もれた。

人間の想像は、せいぜい、床上浸水くらいなものだろう。

まさか、町が一瞬にしてなくなるとは誰も想像しない。

だから、僕が経験した水害は、想像の範囲内だったと言える。

 

この最悪な状況は、日本が日本人がひとつになる時だと言っている。

民主党も自民党も関係ない。日本国民全員がひとつになる時だ。

一人一人が今、自分ができることを考える時だ。

店が水害にあった時、友人が募金してくれたり、

県内外から、たくさんのボランティアの人がすぐ、応援に来てくれた。

とても心強かったし、なえていた気持ちが救われた。

その時のことを思い出す。

だから、今回は僕らが応援する番だ。

 

必ず人は、人の力で再生すると信じている。