初物はいい

イメージ

昨日安曇野で一つだけ見つけました。

今年の初物になります。

ちょっと成長しすぎてますが初物はやっぱり心躍ります。

今年もこの時期が来たなと自然と気持ちが高鳴ります。

ただ今年は気温が低く雨が多い。

このことがこれからどう影響するのか?

僕には分からない。誰も分からない。

きのこの事だけではない。野菜、果物、米。

うまく育てばいいのだが、、、

日照時間があまりにも少ない。

心配ではある。

 

 

店の形

イメージ 1

DANLOはこの先どう進んでいけばいいのか?そんなことを考える。

今のままでいいのか?もう少しレストラン寄りにしたらいいのか?

なかなか難しいところではある。

 

昔からこの界隈は夜の街だから飲み屋や居酒屋、スナックが多い。

DANLOにも一杯飲みにふらっと来る人や2次会的な人、忘年会で使う人。

飲み放題を付けて宴会をしたい人。など場所柄そういうお客さんも取り込んできた。

かたや7500円のコース料理を1ヶ月以上前から予約してくれる人もいる。

どっちのお客さんも必要だと感じていたので今のスタイルになった。

しかしここ5〜6年で周りには飲食店が増えて、DANLOがオープンした頃とは状況が違う。

もちろん自分たちも変化している。

子供ができたり、体力も確実に落ちている。

このままの形でいけば店として安定感は出てきたという言い方もできるが

代わり映えしないという言い方もできる。

かといってレストランにしてしまうと地元の人はより入りづらい店となり、

年に1回誕生日に行く店となってしまう。

かといって別荘の人や県外の人がたくさん来てみんながコースを頼んでくれる保証もない。

 

諏訪という地方都市でレストランをやるということは非常にリスクがある。

でも一軒くらいそんな店が諏訪にあってもいいのかなとも思う。

結局自分たちがどういう店にしたいか!ってことだけなんだけど。

そう簡単には答えは出ない。

あくまでも僕の頭の中の話。

 

DANLOも歳をとってきた。

飽きられないようにここらでもう一度頑張らんと。

若いもんにはまだまだ負けられん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の日2018

イメージ 1

おかげさまで今年のクリスマスもたくさんの人に来て頂きました。

毎年のことですが初日はいつも緊張します。

かれこれ13回もやってるんだからいい加減慣れてもいいはずなんですが、、、

やっぱり僕にとってもクリスマスは特別なんです。

2ヶ月前からメニューを考えて明子にダメ出しされて、いちから練り直したりして。

食材も普段使わないものを使うので緊張します。

でもそれをうまく使えた時、克服した時。

僕の料理の引き出しが一つ増えたということ。

それは大きな武器となる。それはとても価値がある。

そうやって少しずつ料理がうまくなっていけばいい。

それが成長するということ。

進化するということ。

イメージ 2

今年もあっというまに最後の日となった。

2018年、DANLOに来てくれた人たち。

本当にありがとうございました。

来年も変わらず夫婦でDANLOを盛り上げていきますので

よろしくお願いします。

2019年は更にいろんな人との出逢いがある年にしたいと思います。

そのためにはいろんな所に顔を出す。

積極的にいきたいと思います。

イメージ 3

2019年はみなさんにとっても僕たちにとっても充実した1年でありますように、、、

 

あっ、来年は1月11日の金曜日が初日となります。

よろしくお願いします。