熱い夏の予感

DSC01032

みなさん!お待たせしました。

今年第一号の夏きのこです。

一週間前には何ひとつ無かったきのこたち。

やっぱり毎年7月9日10日頃に姿を表します。

サッカー日本代表の戦いは終わってしまったけど

僕らの戦いは始まったばかりだ。

去年、全くきのこに行けなかったマダム明子。

今年への意気込みは並々ならぬものを感じる。

溜まりに溜まったきのこ行けなかったストレスを

今年は思う存分発散すると宣言した。

 

さぁ、試合開始のホイッスルはもう鳴っている。

待ったなし。

絶対に負けられない。

そして、悔いのない試合をしたい。

 

 

小さいからこそ強い

DSC01003

一見、個人店に見えるレストランも実は企業だったり、

オーナーが別にいて5、6店舗飲食店を経営していてシェフは雇われだったりする。

店を始めて13年、僕は今まで従業員を雇ったこともないし、店を増やそうとも法人にしようとも思わなかった。

僕にはその欲がない。そこに興味がないのだ。

目の前にいるお客さんの食べてる姿を見ているのが好きで、幸せそうな顔をしてると「よっしゃー!」って思う。

売り上げもあまり気にしない。それより客数の方が気になる。

毎日10〜15人来てくれたら最高なんだけど、そううまくはいかないよね。

飲食店は水物だから。

でもこうやって続けてこれたのは常連さんが少しずつ増えてきたからだと思う。

夫婦2人きりでやってきたからこそ常連のお客さんは増えたんだと思う。

そうやって店は濃くなるし強くなると思う。

お客さんが店を育て店がお客さんを育てる。

そういう関係になれたら店は生き残れると思う。

地方でも多少つっぱった商売ができると思う。

かっこつけすぎはダメだけど自分の出したい料理は出せる。

 

僕は個人店の店の強みはそこにあると思っている。

DANLOが好きなお客さんは僕ら夫婦が好きで来てくれる。

僕はそう思う。

その同じ波長の人と会えるのが個人店の醍醐味であり、独立して自分の店を持った

最大の理由である。

人は結局、人がいないと面白くないのだ。

だから小さい店は強い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

程よい距離感

春の収穫祭

DSC01020

今年はなかなか行けなくて思うように調達できなかった。

とは言え、一回行けば充分な量が確保できるのが山菜。

店で出すにはこれくらいあればいい。

つまり、、、

採れた量を嘆いているのではなく、行く機会を逃してしまったことを嘆いているのだ。

きのこもそうだけど、山へ行って食料を調達してくる。

それがが楽しい。

人が狩りをしていた頃のDNAが僕の中にまだ残っている。そんなふうに思う。

そう考えると次は鹿や猪かな?なんて思う。

でもそこに踏み切るにはちょっと勇気がいる。

山菜やきのこは手軽に行けるが野生動物はそうはいかない。

いろんな準備がいるしお金もかかるし、殺めて肉にするまでが大仕事だ。

チームで動かないといけないし、1人で完結できない。

そういう理由でここ何年も躊躇している。

僕はやっぱり現代人だ。縄文人にはなれない。

山は好きだけど街も好き。

どっちも程良い距離でいたい。

 

だから諏訪なのかな。