不作の年

イメージ

今年のきのこ採りはこのホンシメジで終わりにしようと思います。

採って終わりにしたいので。

それにしても今年はとても厳しい年でした。いろんなきのこが採れる9月が本当に採れなくて

イメージ的には去年の4分の1くらいでしょうか。

松茸もぽつぽつと売っている程度だったし、ジコボウも全部合わせても20本程度だった。

でもそんな苦しい中でもナラタケ、クリタケ、ムキタケ、ホンシメジ、サケツバタケ、カヤタケ、ヤマイグチなど

それぞれ量は少ないものの種類は採れたと思います。

来年はもっと採れる年にしたい。

と言っても自然が相手。

自分の努力で採れるという話でもない。

今年のきのこ採りは正直、不完全燃焼ではあったが

これはこれで受け入れるしかない。

 

さぁ切り替えて忘年会やクリスマスのメニューを綿密に決めていくとするか。

今から考えておかないと12月には間に合わない。

 

今年も残り2ヶ月を切った。

それにしても年々1年が早く感じる。

そりゃあ歳をとるのも早く感じるわけだ。

 

店を始めて14年。あと14年店を続けたら私は60歳。

そう考えると還暦はそんな先の話ではない。

今まであまり考えてこなかったが、最近にして思う。

 

どうやら人生は短い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し茸(スコシダケ)

イメージ

そろそろ出ているはずだと思って山に入った。

でも何か様子が違う。乾いている。気温も高い。

いつもの空気感と違う。出ているきのこも夏の名残りのような、、、

秋の気配を感じない。

どうやらもう少し先のようだ。

お目当てのオオツガタケもこの4本のみ。 悲しい。

完全に読みが外れた。

一度外すと迷いが生じる。

どのタイミングでどの山に入ればいいのか?

わからなくなる。

しょっちゅう行ける訳でもない。

確実に当てたい。

 

イメージを膨らませ、あると信じて山に入る。

無いとわかったことも大きな収穫。

すべてが自分の経験値となる。

無駄なことなど一つもない。

 

きのこも人生も。

 

 

最高のお中元

イメージ

蓼科でこんなにポルチーニが採れました。

と言いたいところですが、、、

実はDANLOの常連さんのKさんから戴いたものなんです。

蓼科あたりでは豊作なんでしょうか?

Kさんの鼻が利きすぎているのでしょうか?

僕は未だにこんなにたくさんのポルチーニに出会えていない。

今の時点でそうならば今年はもう、、、ダメかな。

Kさん羨ましい!

でもそれ以上に『助かります』というのが本音。

思うように調達できていない私には最高の贈り物。

Kさんありがとうございました。

僕ができることはこれを美味しく料理すること。

大事に使います。