つながってはいるが希薄

イメージ

昨日10月3日はDANLOの誕生日。

おかげさまで13歳となりました。

良い日が続くことも逆に悪い日が続くこともなく

自分たちのペースで働くことができています。

しかも夫婦でやっているので余計なストレスはない。

店の方向性はこのままでいいと思う。

もっといろんな人に知ってもらうためにSNSを駆使した宣伝のやり方はいくらでもある。

だけど、僕はやらない。

なんかピンとこない。

すごく無機質というか心が通ってないというか。

一見つながっているようで実はつながっていないような。

そんな感じがする。

頭が硬いステレオタイプの人間なのかもしれないが

どうも馴染めない。

店の予約をネットでするなんて考えられない。

その人の声も聞かないで、どんな集まりかも、年配の人かも

若い人かもわからないなんて予約の意味がない。

それが当たり前になりつつある世の中に違和感を覚える。

せっかく食事しているのにお互いスマホいじっていて会話なし。

メニューを見てわからないイタリア語が書いてあるとその場でネット検索を始める。

目の前に僕と明子がいるのに?

 

僕は時代や物に流されない人でいたい。

DANLOも同じだ。流行り廃りのない普遍的な店でありたい。

自分の世界を狭めているかもしれないが、

所詮人は限られた人とだけつながっている。

世界中の人とつながることができる世の中だけど、

そんなにそこ頑張る必要はない。

もっと身近な人との時間を大切にした方がいい。

もっと目の前の今(瞬間)を楽しんだ方がいい。

 

僕は人と人との関係が希薄になっているなぁと感じる。

だからこそDANLOは心の通うお店でありたい。

いままでもこれからも、、、

イメージ 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢のような時間

僕は以前、自身のブログで横綱白鵬の言葉を載せた。

『自分の型を持ち、その型にこだわらず』

この言葉を聞いた時、これだ!と感じた。

僕らの生き方にピタッとはまった感覚だった。

以来、僕の座右の銘になっている。

 

そして今日、奇跡が起きたんだ。

 

なななんとっ!あの言葉をくれた横綱に会うことができたのである。

相撲好きの僕と明子はかなり興奮していた。

白鵬が諏訪に来る!しかも会える!

こんなチャンスは二度と無い。

そして遂に僕は白鵬に会う事ができた。

イメージ 1

白鵬はとても気さくにいろんな話をしてくれた。

はっきりとは覚えてはいないが多分40分位は話をしていたと思う。

本当に夢のような時間だった。

イメージ

常に笑顔で誰にでも平等に接してくれて

想像していたより気さくで親しみやすい人だった。

懐の深さも感じたし、頭もいい人だなと思った。

横綱とは強いのは勿論、人格者でなければいけない。

一流とはそうでなければ一流とは言えない。

白鵬は心技体すべてを兼ね備えた大横綱である。

僕は今日それを身にしみて感じた。

 

またいつか会える日を信じて、、、

その時はぜひDANLOに食べにきてほしい。

言うと本当にそうなるからね。

言霊、言霊。

 

最後に、、、

白鵬関、本当に夢のような時間をありがとう。

そして声をかけてくださった真澄の直孝さん公美さん。

本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

程よい距離感

春の収穫祭

DSC01020

今年はなかなか行けなくて思うように調達できなかった。

とは言え、一回行けば充分な量が確保できるのが山菜。

店で出すにはこれくらいあればいい。

つまり、、、

採れた量を嘆いているのではなく、行く機会を逃してしまったことを嘆いているのだ。

きのこもそうだけど、山へ行って食料を調達してくる。

それがが楽しい。

人が狩りをしていた頃のDNAが僕の中にまだ残っている。そんなふうに思う。

そう考えると次は鹿や猪かな?なんて思う。

でもそこに踏み切るにはちょっと勇気がいる。

山菜やきのこは手軽に行けるが野生動物はそうはいかない。

いろんな準備がいるしお金もかかるし、殺めて肉にするまでが大仕事だ。

チームで動かないといけないし、1人で完結できない。

そういう理由でここ何年も躊躇している。

僕はやっぱり現代人だ。縄文人にはなれない。

山は好きだけど街も好き。

どっちも程良い距離でいたい。

 

だから諏訪なのかな。