飽食の今だからこそ

イメージ 1

飯田産の稚鮎

イメージ

岡谷で採ってきたふきのとう

この二つが揃ったということは、、、

はいっお決まりのフリットですね。

こごみやのびる、筍も入ります。

飽食の今時代にまだ山菜を食べる習慣、文化が残っていることが不思議。

でも嬉しい。

山菜きのこ、木の実、野草など身近にある自然なものを食べること。

わざわざ栽培しなくても自然に生えているもの。

昔から日本人が知恵をしぼって食べてきたもの。

 

平成から令和になっても山菜を食べるという習慣は無くなってほしくない。

 

 

満たされた夜

イメージ

いつもお世話になっている精密の会社の接待。

お客さんは初めて日本に来たというアメリカ人のデイブ。

見るものすべて新鮮で興味津々。

日本人が作るイタリアンももちろん初めてだ。

彼は一皿食べ終わる度に僕の顔を見てうんうんと頷いた。

時折笑みを浮かべて美味しそうに食べている。

どうやらとても気に入ってくれたようだ。

彼は言った。

どれも素晴らしい!最後のデザートまで!

そう言ってもらえると僕はもちろん嬉しいが接待した社長も嬉しいはずだ。

あぁ、ここにして良かった。そう思ってくれる。

全部出し終えた時、シェフも一杯どうですか?とデイブに言われ、

えっ!いいんですか?と言いながらそそくさとビールを注いでいた。

会社の接待の席に僕も明子も誘われて一緒に飲むなんていうことはなかなか無い。

かなり稀なケースだ。

だからこそ嬉しかった。

このお店美味しかった。プラスここのシェフとマダム。

僕らの人柄まで気に入ってくれたということ。

 

この日は僕も含めてみんな気持ちのいい満たされた夜だったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

春を告げる

イメージ

暖冬の影響で例年よりも早くスタートしたアスパラ。

これを見ると春を感じる。

花よりも食材で季節を感じるのは職業柄。

今年も極太サイズのアスパラがDANLOのメニューを華やかにしてくれる。

諏訪は平らな場所が少なく肥沃な土地ではないため畑が少ない。

そんな中で矢島さんのアスパラは諏訪産と言える。

ざっくり長野県産ではなく諏訪産。

ほんとに地物の野菜だ。ありがたい。

2ヶ月間という短い命。

丁寧にシンプルにお客さんに出そうと思う。

イメージ