ドンピシャ!

DSC01043

この瞬間がたまりません。

これだけの数、状態でお目にかかれるのはなかなか無いことなんです。

何度も山に行っててもその年に一回あるか無いか。

この光景を見たら背筋がゾクゾクする。

そして、ありがとうってきのこに向かって言いたくなります。

この瞬間に出会えたことにありがとうって思う。

だから僕らはやめられない。

疲れていようが腰が痛かろうが出ると思えば行く。

きのこは待ってくれない。

今しかない。今行くんだ。

DSC01038

これからはタマゴ茸を求めて山へ行く。

山の中でひときわ目立つ鮮やかな赤いきのこ。

きっとある。きっと出ているはず。

 

またあの瞬間に出会いたい。

またあのゾクゾクを味わいたい。

よし!決まった。

明日、朝一番に迎えに行くから。

 

 

 

熱い夏の予感

DSC01032

みなさん!お待たせしました。

今年第一号の夏きのこです。

一週間前には何ひとつ無かったきのこたち。

やっぱり毎年7月9日10日頃に姿を表します。

サッカー日本代表の戦いは終わってしまったけど

僕らの戦いは始まったばかりだ。

去年、全くきのこに行けなかったマダム明子。

今年への意気込みは並々ならぬものを感じる。

溜まりに溜まったきのこ行けなかったストレスを

今年は思う存分発散すると宣言した。

 

さぁ、試合開始のホイッスルはもう鳴っている。

待ったなし。

絶対に負けられない。

そして、悔いのない試合をしたい。

 

 

静寂の時

DSC00720

今週の木曜日あたりからやっと出てきてくれました。

今年は遅いです。

しかも山と里で同時多発的にジコボウ出てます。

何か変な感じです。

とにかくパトロールが重要です。

急にぱったり姿消えることよくありますから。

採れる時に採っておかないと。

後で、、、なんて無いですから。

無理してでも行く。これ、きのこ採りの鉄則です。

こっち(人間)の都合なんてあっち(きのこ)は考えちゃいませんから。

当たり前だけど。

DSC00729

さあ、秋のきのこが始まった。

こっからは待ったなし!

悔いのないように、、、

体力が続く限り、、、

地道に山へ行く。

DSC00704

この時間がたまらなく好き。