お知らせ

DSC00843

私事ではありますが11月22日に子供を授かることができました。

しかも双子でどちらも女の子です。

いろんな人に助けていただいたので感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

これからもお世話になることは間違いないですが、今後もよろしくお願いします。

そんなわけで今年は12月30日まで営業はしますが、来年の1月2月は育児に専念するためお休みします。

DANLOを愛するすべてのみなさま、ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

 

今年も残り1ヶ月となりました。

精一杯、仕事に家事に育児に奮闘しようと思います。

めまぐるしく変わる日々、そして人生を楽しもうと思います。

しかし、今までは自己完結で済んだけど、これからは親のすべての選択が子供の人生となっていく。

ここが今までとは大きく違う。

責任重大だけど、それをも楽しめる人でありたい。

 

 

 

 

 

カテゴリー: マダム | 1件のコメント

共に生きる

DSC00769

先日、軽井沢で食のイベントがありました。

今回は生ハム職人の藤原さんのお誘いで参加しました。

イタリアンは僕だけで他はスペインバル、フレンチ、カフェ、コーヒー、パティスリー、カレー屋さんも出店してました。

DANLOとしては天然きのこのスープ、チョウザメのソテー、フレッシュチーズのムースと3品作りました。

DSC00772

なかなかの盛況で来場者は150人を超えたようです。

佐久のチーズ、藤原さんの生ハム、長和町のチョウザメと地物の食材を使って、

しかもその生産者の方と一緒に商品を売るというのはなかなか無いことなので

とても興味深い試みでもありました。

自分で作ったものを自分だけで売るのではなく、それぞれの作り手の作品を最終的に僕が料理として一つに完成させる。

これから世の中どんどんそういう形になっていくのだろう。

1人で作って1人で完結するのは限界がある。でもみんなと手を組んで作れば広がる。

人の繋がりもできるし、料理の幅も広がる。

いろんな人の知恵を借りながら自分のひきだしを増やしていく。

DSC00778

自分が持っている技術やノウハウを他の企業に包み隠さず教える。

その結果、その業界が盛り上がればそれが自分の利益になる。

今世の中はそうなっている。

レストランも同じ。

DSC00775

1人で生き抜くにはしんどい時代だ。

みんなと手を取り合って生きて行く。

 

 

 

カテゴリー: 諏訪 | コメントする

勘と感

DSC00705

10月も後半戦。この頃になると今年も残り少なくなってきたと感じる。

と同時にクリスマスのメニューで頭がいっぱいになる。

今考えておかないと後々大変になる。

早め早めがいい。

店を始めて丸12年。13年目に入った。

日々の仕事はさほど変わらない。

でも頭の中は変化を欲している。

料理、ポーション、価格、サービス、店のスタイル、予約の取り方、場所、営業時間などなど。

これでいいのか?これがベストか?と常に思う。

明らかに12年前とは客層も世の中の空気も違う。

それは感じる。

じゃあ、何を変えれば店はより良くなるのか?

自分たちがより楽しむことができるのか?

その答えは正直わからない。

正解が無いから。

ただ、、

変える必要があるもの。

変えてはいけないもの。

これを見誤ると店はおかしくなる。

そこが難しい。

最後の最後に必要なのは、、、

 

自分の勘と感。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 料理 | コメントする

静寂の時

DSC00720

今週の木曜日あたりからやっと出てきてくれました。

今年は遅いです。

しかも山と里で同時多発的にジコボウ出てます。

何か変な感じです。

とにかくパトロールが重要です。

急にぱったり姿消えることよくありますから。

採れる時に採っておかないと。

後で、、、なんて無いですから。

無理してでも行く。これ、きのこ採りの鉄則です。

こっち(人間)の都合なんてあっち(きのこ)は考えちゃいませんから。

当たり前だけど。

DSC00729

さあ、秋のきのこが始まった。

こっからは待ったなし!

悔いのないように、、、

体力が続く限り、、、

地道に山へ行く。

DSC00704

この時間がたまらなく好き。

 

 

カテゴリー: きのこ | コメントする

青春の日々

DSC00609

はっきり言ってきのこ採りに言ってる場合か?

自問自答の日々です。

仕込み、営業、きのこ、仕込み、営業、きのこ、、、

頭が追いついていません。

1日24時間じゃ足りない。

そう思うくらい自分を追い込んでる感じです。

感覚的には高校時代のサッカー部の夏の合宿に似ています。

ってことは今一番充実した日々を過ごしているということか!

確かにそうかもしれない。

自分の好きなことで追われているわけだから。

新聞もテレビも見れていない僕はある意味幸せ者なのかもしれない。

DSC00615

時間は自分で作るもの。

DSC00617

忙しいを理由にしない。

 

 

カテゴリー: きのこ | コメントする

惚れた食材

DSC00582

今年もこの季節がやってきました。

原村のとうもろこしを初めて食べたとき。

衝撃が走りました。

なんだこの芳醇な甘さは、、、

今まで食べてたとうもろこしは何だったのか。

そう思うほど、鮮烈でした。

採れたてが命の野菜。

その地の利を生かして僕は毎年この食材を使います。

DSC00583

そして毎年このとうもろこしのババロアを作ります。

足し算も引き算もしない。

これが完成系です。

『自分のものにした』

と言い切れる特別な思いのある作品です。

 

カテゴリー: 料理 | コメントする

シーズン到来

DSC00561

今年もこの季節がやってきました。

今年はどんな年になるのでしょうか?

きのこ仲間の間では厳しいんじゃないかと予想しています。

圧倒的に雨が少ないこと。気温が早い時期から高いこと。が要因。

もちろんまだわかりませんが、、、

地道にパトロールするしかないのです。

こんな状況でも採る人は採る。

そんな人は真のきのこハンターと言えるでしょう。

自分の勘を信じて今日も山へ入ります。

DSC00562

 

カテゴリー: きのこ | コメントする

DANLOを支えてくれる人たち ①

DSC00539

今回、ご紹介したい生産者は西村さん夫婦です。

塩尻でアスパラを露地栽培しています。

アスパラは一般的にビニールハウスで育てる方が多い。

作業の効率性や天候に左右されないこと。早春から初秋まで長く収穫できること。

そんなことが挙げられる。

でも明らかに露地ものの方が味が濃い。力強い。

なおかつ肥料や土作りも研究している西村さんのアスパラは美味しい。

色も濃い緑だ。食欲をそそる。

この時期は収量もガクッと落ちてピークの3分の1になる。

7月に入れば終了となる。

つまり露地のアスパラはたった2ヶ月しか採れないということだ。

露地でもハウスでも美味しい時期は短い。

食べればわかる。

旬の終わりを見極めるのも僕の仕事だ。

どの食材にもピークがある。

そしてそのピークはとても短い。

そこを外さないのがいい料理人と言える。

それには生産者の方との会話が不可欠なんだ。

西村さん夫婦は嫌な顔ひとつせず僕の質問に応じてくれる。

素敵な仲のいい夫婦なんだ。

DSC00541

そんな人柄に誘われて遠くてもまた行きたくなる。

買いに行くというよりは逢いに行くという感じ。

 

 

 

カテゴリー: 生産者 | コメントする