諏訪の誇り

僕らは、毎月1日、15日に必ず下社へ行く。

この日は、諏訪大社の気が高まるといわれ、欠かさず参拝してる。

特に夜中の下社が好きで、誰一人としていない境内は、邪念がなく

気が落ち着く。そして、あの静けさの中で荘厳と佇む姿は圧巻である。

平安京(1200年前)の時代に、わざわざ、この山の中の

大社をめざして(車もないのに、、)京都から足を運んだという。

僅かな望みを信じて、、いや、わらをもすがる思いで、、、

それほど、この地は、みんなの心の支えになっていた。

そう思うと壮大なロマンを感じる。と同時に諏訪大社の存在価値は

計り知れない。

僕は、諏訪を誇りに思う。

One thought on “諏訪の誇り”

  1. そうなんですね。初めてしりました。
    さすが下諏訪出身

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください