食材の谷間

イメージ 1

こごみは山菜の中ではくせがない。

しかもさっと茹でるだけでいい。

なおかつフォルムもかわいい。

違和感なくイタリアンに馴染む。

そんな万能なこごみもそろそろ終わりを迎える。

残すところわらびくらいになった。

でもわらびは僕の中ではかなり和の食材。

あの味とぬめっとした食感はイタリアンに入れてしまうと

創作的で素人的な感じがする。違和感があるというか、、、

だからあまり積極的に使わない。

こごみは使うけどわらびは積極的に使わないって。

その境界線って?どういうこと?

そんな声も聞こえる。

まぁ僕だけの境界線かもしれない。

分かりづらいかも。

イメージ 2

そうなると6月に旬を迎える食材がないという事実。

春でもなく夏でもない6月という季節。

こういう時こそ料理人の真価が問われる気がします。

衣替えをするようにDANLOもメニュー替えをしなくては。

う〜ん。

降りてこいっ!新しいメニュー!!

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください