何ができるのか

KC3S0084

今年は四月の終わりに第一陣の仔豚を放牧した。

ここから約4ヶ月、放し飼いにする。

だから、僕の店に届くのは早くても9月になる。

雪が多いここ小谷では冬の放牧は難しい。

豚にとって最高の環境ではあるが、逆に言えば自然が厳しい所でもある。

僕は毎年小谷まで来て生産者の松井さんや小林さんと話をする。

そこで僕は愕然とした。

現状はこうだ。

まず、生産者一人につき50匹の仔豚を仕入れる。

一匹2万円。50×2=100万円の出費

豚一頭が死ぬまで食べる飼料、約400〜500K

必要な飼料、400k×50頭=20t

今、飼料が円安で高騰、1t6万円

20×6=120万円の出費

4ヶ月愛情込めて育てた豚一頭の買い取り額、約5万円。

50×5=250万円の収入

手元に残るお金、250−220=30万円

つまり豚一頭売ってたった6千円。

しかも、そこには電柵、発電機、小屋の修理、湧き水を引くパイプ代は入っていない。

それより何より松井さんの労働代が入っていない。

これじゃ趣味にもならない。

 

この現状をどう変えればいいのか。

どうすればいいものが残るのか。

どうすれば真面目にやっている人が報われるのか。

僕には分からない。

正直ここまで来ると何をすればいいのか。

何が僕にできるのか。

分からない。

 

これじゃ日本の農業は確実に消える。

誰か、そうならない最善な方法を教えてほしい。

みんなの考えてることが知りたい。

 

前向きな気持ちになるために、、、

明るい未来にするために、、、

 

 

One thought on “何ができるのか”

  1. 日本の農業で間違っているのは、JAや経済連などの組織が、マージンを取りすぎていし、種や苗・雛などの初生産者の単価が高すぎ、一番手間の掛かる育成生産者の単価が安すぎである。
    これは、江戸時代より前からの風習が、農業に携わる人々の心の何処かに行き続けて居るんだと思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください