ささやかな宴

店の灯りを消そうとした時、ふと、Sさんが現れた。

手には、何やら箱を持っている。 

 きのこだ!!

「シェフ、このきのこで料理作って!で、みんなで食べよう!」と言う事だ。

早速、頭をひねり、僕は4品程作った。

イセハラ(山梨県)の白ワインと共に小さな宴会(3人)が、始まった。

 

どれも、申しぶんのない、おいしさだった。

それは、腕がいいのか?それとも素材の力か?

両方という事にしておこう。

そして、

「このきのこ達が、ちゃんと成仏できるのはDANLOさんしかない!と思って

持って来たんだ。」と、Sさんは言った。

うれしかった。

そして、僕は、この予期せぬ展開を楽しみながら、きのこと向き合えることができた。

 

自然の恵みとSさんに

ありがとう。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください