肉のまる公 中編

僕は月に一度は足を運んで二人と雑談をする。

長いとき5時間居たときもある。

豚のこと、生産者のこと、農協のこと、屠場のこと、などなど。

いち料理人として、知らないことが余りにも多かった。

でも、都内で働いていた時はそんなことまで、頭が回ってなかったし

料理のことだけで精一杯だった。

 

だから今こうして、その道のプロたちと出会えるのが嬉しい。

僕は、いろんなことを、二人から教えてもらった。

出会えて良かった。

この先もずっと付き合っていきたいと思う。

 

 

家族のように、、、

                               

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください