肉のまる公 後編

年に2度開かれる、長野県の牛の競りに参加した。

もちろん、関係者以外入ることが出来ないが、

まる公さんが、僕らを誘ってくれた。

レーンに吊り下がった牛は3mをゆうに超す。

牛は近くで見ると本当にでかい。(重さは約600k)

豚が子犬に見える。(ちなみに豚は80kくらい)

 

今日は100頭以上の牛がずらりと並ぶ。

こんなこと普段まずない。

いわば、牛祭り。みんなこの日を待ちわびていた。

1頭、数百万する高価な買い物だ。

間違いは許されない。

自分の知識と経験がものをいう。

これが、いわゆる目利きってやつだ。

その目が確かな業者(お肉屋さん)とのつながりが

僕にはどうしても必要だった。

 

今日、改めて、まる公さんで良かったと思った。

二人の知識、経験、情熱は、僕にとって本当に心強い。

まっとうな業者がレストランを育て、また

まっとうなレストランが業者を育てる。

 

僕はそうやって進化していく。

                            おわり

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください