旅人 最終章

また今日も一日が始まる。

いつものように男たちは水揚げされた魚を選別していた。

180人が住む小さな漁村の男たちは全員漁師。

必ず長男が家を継ぐ。

僕ら世代の若い漁師の姿も見える。

女性たちは小さな魚を掃除して、干物を作る。

これが気の遠くなるような大変な作業。

毎日、淡々とこなしているからすごい!

こんな感じで、、、

 

僕は、ここに来ていつも思うことがある。

それは、絆(きずな)だ。

助け合って支えあって生きている。

当たり前のように、、、

いや、それがないと、ここでは生きていけない。

なぜなら、「運命共同体」だからだ。

 

この小さく強固なコミュニティは、この先もずっと続いていくんだろう。

この固い絆(きずな)は脈々と受け継がれていくんだろう。

また、逢いに来ます。

人のぬくもりを求めて、、、

                                     おわり

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください