決意表明

イメージ 1

今日でDANLOは満15歳となりました。

これもDANLOに通ってくださったみなさんのおかげです。

本当にありがとうございます。

明日も普段どおり16年目が始まります。

これからも引き続きDANLOをよろしくお願いします。

 

今年は今までとは明らかに違う年となりました。

自分たちの努力ではどうにもならない。

自分たちが信じてきた道(職業)が無くても世の中は回っている。

所詮、外食とは嗜好品であると痛感した年でもありました。

と同時に自分たちを見つめ直す良い機会でもありました。

これからどう生き抜いていくか、夫婦でよくよく話を重ねてきました。

 

でも実はコロナ禍になる前(2〜3年前)から自分たちのスタイルはこれでいいのか?

とは考えてはいました。

これからの15年を見据えた時に自分たちの体力(瞬発力も含む)子供のこと、夜だけの営業、

今のDANLOの場所、料理のポーション、お酒の出し方等々。

自分たちが理想とする、もしくは心地よく感じるDANLOのスタイルとは何か。

夫婦で考えて考えて出した結論が原村への移転でした。

ここなら今の所よりイタリア料理のレストランとして輝くことができるのではないか?

と思いました。

僕の理想もしくはワクワクする場所はレストランという空間なんです。

16年前諏訪でお店をやると決めたときも実は蓼科辺りの物件を探していました。

ですからこの決断は僕の中では意外でも何でもなくごく自然に導かれた感覚なんです。

 

というわけでDANLOは来年の3月末まで今の場所で営業します。

NEW・DANLOのオープンは4月末を予定しています。(あくまで予定)

来年は心新たに生まれ変わった気持ちで料理に向き合える気がします。

と同時にここでの残り半年間ももちろん丁寧に料理を仕上げていきます。

 

店のスタイルや環境はガラッと変わりますが僕たちが大事にしている

根っこの部分は何も変わりません。

 

これから新しい出逢いがたくさん待っていると思います

僕らと波長が合う人がもっともっと増えたらいいなぁと思っています。

 

そんなわけで16年目もDANLOをよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

始まりのゴング

イメージ 3

ようやくオオツガタケが姿を現した。例年より10日遅い感じです(僕の中では)

普通なら9月が一番採れるのに、、、

どうしたもんでしょう。

正直、行くタイミングがわからず戸惑っています。

イメージ 2

今日、自由農園に行ったらジコボウやオオツガタケを持ち込んでいたおっちゃんがいたので

今週は秋のきのこが一斉に出だすような気がしてます。

松茸も出るなら今週中な気がします。

地元のおっちゃんたちもうずうずしていて今日から入っている様子。

秋は競争率がぐっとあがる。

山は広いが出るとこは限られる。

つまり、、、

イメージ 1

今まさにきのこの争奪戦が始まろうとしている。

絶対に負けられない戦いがここにある。

 

このままでは終れない。

 

 

 

 

現実を知る

イメージ

3週間ぶりだろうか。久しぶりにきのこを探しに。

仲間から厳しい状況だとは聞いていた。

そう聞いていたので遠のいていた。

今日はその現実を知ろうと思い標高1500程の高い所を狙った。

確かに無い。いつもならこの時期、一番盛り上がるこのスポットもダメか。

仲間が言っていた通りだ。確かに無い。

気温が高いな。雨も欲しい。

イメージ 2

標高1500でやっと紅葉し始めたかなという程度。

いつもならもっと秋の気配を感じる。空気も違う。まだ夏の空気だ。

 

予報によると今日の午後から何日か雨が続くようだ。

それからかな。きのこ探しではなくきのこ採りと言えるのは。

イメージ 1

今日の成果。上出来でしょ!笑