満開

P7180774

僕らの不安をよそにちゃんと出てくれたきのこたち。

あるところにはありました。

ありがとう、きのこたち。

おかげ様で今年も店の看板メニューとして出させて頂きます。

P7210780

マダム明子も喜んでおります。

P7210783

この日が来るのを心待ちにしておりました。

P7180770

今を逃したら次はない。

だから無理してでも出かけます。

ここ一週間が勝負のような気がします。

P7210798

きのこハンターが覚醒する時がきたようです。

さぁ、思う存分やりますよ。

悔いのないように。

P7210784

彼らは待ってくれない。

彼らの都合に僕らが合わせる。

そこがいいんです。

山をはってピタッとはまった(出会えた)ときの感覚。

 

それがきのこの醍醐味だと思います。

 

 

 

 

おこがましい

P7140765

去年の今頃、大爆発していたきのこたちも今年はこの2本がやっと。

読めないのがきのこなんです。

どのタイミングで出るかわかりませんから、とにかく諦めずに歩く。

行かないで後悔するくらいなら行って悔しい思いをした方がいい。

きのこの時期は短いですから。

今頑張らないでいつ頑張るのよ。

そう自分に言い聞かせています。

P7140766

人間の欲とは怖いものです。

去年たくさん採れた残像が脳裏に焼き付いていて、今年もそれぐらい採れないと満足できなくなっているんです。

満たされないんです。

恐ろしいものです。

自然が相手なのに毎年同じ様に採れると錯覚してしまう。

P7140768

あぁ、なんて人間は身勝手な生き物なんだろう。

あぁ、おこがましい、、、

実力宣言

P7050756

記念すべき今年第一号のご紹介。

マダム明子が執念でアカヤマドリタケ(写真左 大)を1個発見!

2時間ほど歩きましたが、まぁ見当たらないです。

春の雨が少なかったからなのか、7月にしては気温が低いせいなのか。

もう出てもおかしくないこの時期にしては渋い感じがします。

もちろん諦めたわけではありません。

まだ始まったばかりだし、何が起こるか分からないのがきのこ。

夏きのこはここ3週間が勝負。

僕らの忙しい夏がやってきました。

すべてを犠牲にしてきのこに捧げます。

 

去年はきのこハンターとして開眼した年でもありました。

行くとこ行くとこ大当たり。

「センスあるなぁ俺」と自画自賛しながら有頂天になっていた。

が、しかし、それが本当に実力なのか。はたまた偶然なのか。

冷静に考えると怪しいもんです。

ですから、今年は僕の真価が問われる年なんです。

 

結果がすべてのこの世界。

地位も名誉もいらない。

欲しいものはただ一つ、、、

きのこ!