親孝行

DSC00021

たいして息子に興味のない親父が5年ぶりに諏訪に来た。

目的は一つ、きのこ狩りだ。

きのこ狩りがしたい。ただその一心だ。

ついでにDANLOで食事でもするか。そんなのりだった。

うちの親父はとにかく勝手な男だ。

この時期きのこは厳しいよ!と言ってるのに

何かあるだろ!と言い張る。

自分の都合が最優先。

親子で初めて山に入った。

そんな親父だ。あっという間に姿がない。

まずい。これはまずい。完全に見失った。

早々に切り上げ私は車にもどった。

果たしてあの男は元来た道をもどれるのか。

あぁー厄介なことになった。

携帯を鳴らしても一向に出ない。

そろそろ仕込みの時間だ。帰らなくては。

あの人のことだ。

自力で何とか諏訪まで帰ってくるだろう。

僕は山に親父を置いていく覚悟を決めた。

これ以上は待てない。

その時だった。ひょっこり親父が姿を現した。

にこにこしながら満足そうに戻って来たのだ。

いろいろ採ってきたから見てくれや。

こっちの気持ちなんて知ったこっちゃない。

そんな思いをこの人に言っても響かないのはわかっている。

 

みそもくそも一緒になったきのこを選別してあげた。

半分以上は食えない、もしくは得体の知れないきのこ。

こんなもん採って来るな!と心の中で叫んだ。

 

楽しそうにきのこを採っている親父の姿を見て

俺、親孝行してるな、と思った。

「また、来年もよろしくな!」そう親父は言って諏訪を後にした。

嬉しいようなめんどくさいような。

複雑な息子心であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください