瀬戸内の高級魚

マンボウのような魚、これが、マナガツオ。真名鰹と書く。

産卵の為、初夏に瀬戸内に入ってくる。そして晩秋に外洋にでる。

この習性が鰹に似てること。

鰹が獲れない瀬戸内で、香川の漁師が

「これこそ真の鰹だ!」と言った。という諸説がある。

関西では高級魚として人気がある。

味はとても繊細で、品格を感じる。

「刺身が一番だ!」という人もいるが、僕は「焼き」が好きだ。

今日も命をいただきます。(手を合わせる)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください