夏は暑く冬は寒く

P2040339

今日は−12℃まで冷え込んだ。

ようやく諏訪らしい冬を感じることができた。

この寒さがいい。

僕は諏訪の冬が暖かいのは嫌だ。

なんだか拍子抜けな気分になる。

残念ながら諏訪湖は全面凍っていない。

御神渡りは今年も望めない。

明らかに暖冬だ。

先週だって雪ではなく雨が降った。

この時期、小谷村から雪中キャベツが届く。

豪雪地帯の小谷村。いつもだと2mは雪が積もる。

でも今年は30cmだという。

ここまで少ないのは経験がないという。

なんだかおかしな気候だ。

傲慢な人間の仕業か、それとも神(自然)のいたずらか?

 

今年の冬はあったかくていいね。楽だね。

そんな浅い話ではない。

 

人がおごりを捨てない限り寒い冬は訪れない。

冬は絶対寒い方がいい。

だってそれが普通だから。

 

 

 

 

 

 

DANLOプロジェクト

PC200312

静けさに包まれた一月の諏訪。

僕らの新たな試みが始まった。

買って来たクレソンの残った茎の部分。

これを清流に植えたら再び葉が生えてくるのではないか。

うまくいけばそこはクレソン畑になるのでは?

この時期に植えるのはどうなのか?という疑問はあるが

まぁ何事もやってみないと。

たぶんいける気がする。

根拠はない。

PC200311

自然に生えてくれるのが好き。

きのこもそうだね。

こっち(人)が何もしなくても育つ感じがいい。

4月頃が楽しみ。

生えてるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

横綱白鵬の強さ

PC200317

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2016年が始まりましたね。

去年は区切りの10周年でしたので、今年はまた一からという気持ちでいます。

10年前の初々しさはないけど、一年目という気持ちです。

ここからまた一つ一つ積み上げていきたいと思います。

 

最近、感銘を受けた言葉がある。

横綱白鵬の言葉。

それは、

「自分の型を持ち、その型にこだわらず」

今の自分の感覚とぴったりはまった。

だから白鵬は同じ相手に2度負けることがないんだ。

 

誰が見ても「これはDANLOの料理だ。」と、すぐわかれば、それは自分の型が完成していると言える。

その上で柔軟に季節や素材で変化していく料理。

これができればより長くこの職業を続けていけるだろうし、より長くみんなに愛される店になるはずだ。

 

今年は、この言葉を内に秘め実行に移す。