10年の軌跡 ①

PA030033

明日のパーティーでこの仔豚ちゃん焼きたいと思います。

そして次の日、、、

PA040049

10月4日(日)雲一つない秋晴れ。正午。

DANLO10周年記念パーティー開演。

PA040052

ぞくぞくと人が集まり、なんと総勢80名以上の人たちが

僕ら(DANLO)を祝福してくれた。

正直こんなに来てくれるとは思っていなかった。

こんな素晴らしい形で今日という日を迎えられたのは本当に幸せなことだ。

PA040058

10年という月日は人とのつながりをより強くしてくれた。

PA040055

僕らは毎日真剣に店をやってきた。

そしてDANLOは強い店になった。

小さくても強い店。これが一番いい店。理想の店だと思っている。

いや、小さくないと強い店は出来ないと思う。

僕は多少のことじゃびくともしない根っこがしっかりした店を手に入れた。

今日それを実感した。

PA040088

この人たちがいる限り

PA040057

この仲間たちがいる限り

PA040099

僕らは店を続けていくことができる。

PA040138

僕らがやってきたことは間違っていない。

PA040068

これからもこのままでいいと思う。

このスタイルでいいと思う。

PA040069

ぶれずに自分たちの生き方を貫いていこうと思う。

PA040130

僕は本当にこの職業でよかったなぁと思う。

いろんな人に出会えて、料理が美味しいって褒めてくれて。

さらにお金まで戴いちゃって(笑)

僕は一生、この仕事をしていくと思う。

そもそも料理つくることしかできないしね。

PA040160

ありのままを受け入れ自然を受け入れ無理なく歩いていこうと思う。

背伸びはしない。身の丈に合った自分たちの道を歩いていこうと思う。

かっこつけ過ぎず、ださくなり過ぎず。

堅苦しくなり過ぎず、ラフになり過ぎず。

高級店でもなく居酒屋でもなく。

それが僕らのしっくりくるラインなんだと思う。

肌に合ってるラインというか。

僕らはそのバランスを常に意識している。

店を続けていく上でそこが一番重要だと感じているから。

バランスのいい店はいい気が流れている。

そこがDANLOの強みだと自負している。

PA040155

そして最後に、、、

DANLOをこよなく愛してくれる人たち。

これは僕の財産。これはお金で買えない。

10年間こつこつと貯めてきた僕の財産。

 

 

今日、来てくれてありがとう。

これからも真心込めて料理をつくります。

 

 

 

22kの重み

P9250028

只今、鹿と格闘中。

80kはある雄の大鹿。その半頭を買った。

肉にすると22k。なかなかの量だ。

骨を抜いて各部位ごとに分けていく。

色、艶、はり、香り、もうしぶんない。

脂もいい感じ。触ればわかる。

この解体作業、結構好き。

生き物がだんだん肉になっていく様がいい。

それを想像しながら包丁を入れる。

そこに命を感じる。

命をいただく。

それを実感できる時。

余すところなく使ってやろうと思う。

人間が殺めたのなら人間が最後まで見届ける。

すべてを使う、すべてを食すということ。

 

当然のことだ。