準備完了

P9170004

採れたよ、採れたよ、オオツガタケ!

こんなに採れたの、初めてかも。

なんと94本!

みんなに自慢したいくらい(笑)

今年はいい気がする。

こんなにあるのにまた行きたくなっちゃう。

それがきのこ。

かなり採れる確率が上がっている。

これが経験値なんだと思う。

たかが7、8年なんだけどね。

信州きのこ会のドン、Iさんは50年以上のキャリア。

知識も経験値も群を抜いている。

誰もが尊敬する人物だ。

P9170005

DANLOで出すには充分な程、採れた。

これできのこづくしのフルコースができる。

乞うご期待!

 

 

みかけだおし

P9030888

じこぼうが採れ出しました。

山はもう秋になっているということです。

P9030885

愛好家に一番人気のオオツガタケ。

これに出会うと一気にテンション上がります。

秋きのこの王様と言っていいでしょう。

P9030889

お初に拝見しました。

オオキノボリイグチ

傘はまるで柄の付いた絨毯のようです。

 

普段僕らはあまり亜高山帯に行きません。

ここは山あり谷ありの険しいところ。

かなり体力消耗します。

だから僕らはもうちょっと平らな歩きやすいところを選びます。

でもここまで(標高1600m)来るといろんなきのこに出会えます。

こんな具合に、、、

P9030891

もちろんすべて食べられます。

P9030892

じこぼうは湯がいた状態で保存します。

 

実は今日、きのこ師匠のAさんに連れて来てもらったんです。

僕らが頼み込んで快くOKしてくれたんです。

だからAさんの速いペースについていかないといけないし、

「疲れた〜」なんて口が裂けてても言えません。

正直、余裕なし。必死についていくのが精一杯でした。

そんなお荷物な私たちを最後まで気にかけてくれたAさんには感謝です。

 

Aさん、ご安心下さい。

もう気軽に「連れてって〜」なんて言いませんから。

 

見かけ倒しの夫婦より

 

 

 

 

これ鹿ない!

P7220810

きのこも一段落して落ち着きを取り戻した私たち。

心にゆとりが出てきました。

そんなわけで、きのこネタはひと休み。

今回みなさまにご紹介したいのが、、、ジャジャ〜ン。

夏の鹿でございます。

冬より断然夏。メスよりオス。しかも大きい方がいい。

とにかく脂が乗っています。で、その脂の質がいい。

冬の脂は蝋(ロウ)のように硬く溶けない。

これ本当に鹿?と思うほど旨い。

正直、僕は鹿に対して積極的でなかった。

どうもあの鉄っぽい味がおいしいと感じなかったので店で出していなかった。

が、しかし、夏の鹿を食べて世界が変わった。

僕の固定観念を一瞬にして覆してくれたのだ。

 

店を10年やっててもまだまだ知らないことがある。

食材に対してマンネリ化していただけにこれは大きな発見である。

P7210806

久しぶりに心躍る食材に出会った。

モヤモヤしていた気持ちが一気に晴れ渡った感じ。

心の底から使いたいと思える食材でないとすぐメニューから消えてしまう。

この鹿ならいける。

この鹿なら迷いがない。

自信はある。